ダイバーシティ
インデックス

DIVERSITY INDEX
本プロジェクトは非常に意義のあるものと高く評価しています。
キーワードの1つは「見える化」。
コーポレートガバナンスの視点からも企業価値を高めるためにも、
ダイバーシティの促進と可視化が重要です。
多くの上場企業に参加してほしい。
見える化は単年度のみならず、継続して変化を確認することが重要だと思います。

伊藤 邦雄

一橋大学CFO教育研究センター長
ダイバーシティインデックス/アドバイザリーボード

伊藤 邦雄
日本の女性活用は世界最低レベル。日本の失われた30年を象徴するような恥ずかしい事実です。活力のためにも、イノベーションのためにも、ダイバーシティの促進は戦略です。バックグラウンドに関わらず、一人ひとりの人材がどれだけ企業価値に貢献しているかを継続して可視化し、点検し、改善し続けるかどうかが企業の持続的成長の鍵。継続的成長を目指すなら、毎年ダイバーシティインデックスに参加して、全ての人材の活性化を図るべし。社長、ぜひご決断を。

八木 洋介

株式会社people first 代表取締役(前 株式会社LIXILグループ執行役副社長)
ダイバーシティインデックス/実行委員

八木 洋介
世界最大級の資産運用会社であるブラックロックは、持続可能な社会の実現を後押しするという大きな責任を負っています。 ESG投資の視点から「ダイバーシティ経営」を重要視しており、組織のダイバーシティと経営の関係を可視化・数値化するこのインデックスがダイバーシティ経営の促進に活用されることを期待しています。
長期投資家として、現下の厳しい社会情勢の中でもダイバーシティ経営を続ける企業にこれからも注目していきます。

竹内 章喜

ブラックロック・ジャパン(株)取締役
ダイバーシティインデックス/アドバイザリーボード

竹内 章喜

PURPOSE

企業価値が財務だけで評価される時代は終わりました。組織の強さと将来性は、財務に加えて、人的資本の開示を含め、非財務の視点でも評価されるようになったのです。消費者や従業員からの視点だけでなく、コーポレートガバナンス・コードも改訂され、ESG投資が注目され、企業も総合的な健全性と強さが求められるようになりました。その中で注目されるキーワードがESGのSとGに相当する「ダイバーシティ」です。

女性の人数を増やすことだけが目的ではありません。確かに日本企業では女性の人数や割合を高めることが重要課題であることは間違いありません。しかし、女性活躍に加え、国籍、年齢、障がい、出身など多様な人財による組織をつくり、その人たちが持つ多様な視点で経営されているのかどうかが「ダイバーシティ経営」では重要なポイントです。

企業が取り組んでいるダイバーシティ経営を、どう可視化したら投資家を含めるステークホルダーにわかりやすく伝えられるのか。どう数値化したら、自社の取り組みの進度を明確にできるのか。そのような組織の課題を解決するためにわかりやすい指標が必要だと考え開発されたのが「ダイバーシティインデックス」です。

各社、各団体が独自で取り組んできたダイバーシティ推進を年に1回可視化し、他社と比較し、前進の数値とするために、国内外のダイバーシティ第一人者の集団で作り上げました。Diversity, Equity, Inclusion, Governance and Innovation の視点でご報告いたします。

ダイバーシティの目的は、組織にたくさんの視点が持ち込まれることでイノベーションが起き、その組織が発展すること。そして社会品質が向上することです。ダイバーシティを促進することは、幸福度の高い、成果をあげる人財を育成し、イノベーションを生み、競争力を高め、コーポレートガバナンスを高めることに直結しています。

成長と貢献のために自身の組織の価値を高めようとお考えの企業、病院、学校、自治体、各種協会・財団・N P Oなどは、毎年の数値化・可視化の指標として、「ダイバーシティインデックス」に、ダイバーシティ経営をまず学びたい企業は「法人会員」から、ご参加ください。

ダイバーシティインデックス実行委員会
委員長 佐々木かをり

PROGRAM

◆年1回実施です。

ダイバーシティインデックスは、年に1度実施され、参加組織はその期間内に、基本的に全社で参加します。人間ドックに入るように、毎年点検する指標として下さい。*本社のみ、あるいは、管理職以上などでも参加可能です

◆プログラムは、3つのセクションから構成されています。

  • 企業サーベイ:

    ダイバーシティ推進のための制度整備や企業の経営意識について組織(担当者)が回答

  • 個人サーベイ:

    ダイバーシティに対する認識について個人が回答(無記名)

  • 個人テスト 及び セルフラーニング:

    ダイバーシティ領域(DE&I)に関するテストに個人が回答(ID紐付け)
    (4つの柱*各7問=計28問)
    個人テストは終了時に、自身の得点と社内での順位が表示されます。
    また、終了時に、全ての問題/回答についての出典データや解説を読むことができますので、年に1度のダイバーシティ経営に関するセルフラーニングの機会になります。

◆結果報告は5種類。具体的で、すぐにご活用いただけます。

  • 1.偏差値を提供します。
    東京大学エコノミックコンサルティング株式会社と技術提携をしており、東京大学教授陣がサーベイとテストを分析し偏差値の割り出し、また自社の前年度との比較などが数値として提示されます。偏差値は、全社、各部門別(または各都市別)、男女別の3つに分けてご報告いたします。(1ページ程度)。また、他社との比較もご報告いたします。
  • 2.個人サーベイの結果を提供します。
    個人サーベイの結果集計データを提供します。ただしサーベイは、匿名であるため、個人の特定はできません。
  • 3.個人テストの結果を提供します。
    個人テストの結果個別データを提供します。各個人の回答結果は正解不正解のみお伝えします。何を選択したかの開示はありません。
  • 4.報告書を提出します。(*スタンダードの場合)
    サーベイとテストの結果を総合的に分析し、報告書に会社全体及び指定の部署の偏差値及び4つの柱に分けての分析/考察が文書で書き出されます(合計10-12ページ程度)。さらに、今後、ダイバーシティ経営を進化させるために取り組むとよい具体的な研修やコンサルティングのご提案などもいたします。4つの柱とは:Diversity, Equity, Inclusion, Governance and Innovationです。
    Liteの場合は、会社全体及び指定の部署の偏差値のみをご提出いたします。文書/口頭での解説はありません。
  • 5.CEOダイアログがあります。(*スタンダードの場合)
    60分間のCEOダイアログの時間を持ち、ダイバーシティインデックス実行委員長の佐々木かをりより直接報告書の内容を伝え、ダイバーシティ経営についての理解を深め、次の具体的アクションなどを議論する時間とします。経営者との非常に重要な時間となります。

◆「スタンダード」「ライト」の2種類があります。

サーベイとテストは共通ですが、報告の仕方で以下よりお選びください。
「スタンダード」は、偏差値に加え、4つの柱での分析と考察による報告書、そして、CEOダイアログや次年度までの対策提案などがあります。
「ライト」は、偏差値の数値報告のみ。追加オプションで考察(1ページ)を付けることも可能です。

スタンダード版とLite版の比較

◆法人会員プログラムがあります。

本インデックスに参加している企業に限らず、ダイバーシティ経営に取り組む企業様向けの法人会員プログラムがあります。

  • 月1回のダイバーシティインデックス実行委員・アドバイザーなど有識者による「ダイバーシティ経営」の最前線のセミナーへの無料参加
  • 月2回のダイバーシティ経営レポートの購読
  • 企業ロゴ掲載
  • 女性役員/外国人役員などご紹介・ご相談 等

ダイバーシティインデックス日程

2021年12月―2022年1月:第4回
2020年11月―2021年2月:第3回
2019年11月―2020年3月:第2回
2018年11月―2019年3月:第1回

ORGANIZATION

ダイバーシティインデックスチーム

さまざまな専門家の知見を結集してつくられています。
実行委員
  • 青山 朝子日本電気(株) グローバルファイナンス本部長
  • 有沢 正人カゴメ(株) 執行役員CHO(最高人事責任者)
  • 牛尾 奈緒美明治大学副学長
  • 加藤 美和UNODC グローバル事業局長
  • 佐々木 かをり(株)イー・ウーマン代表取締役社長★
  • 島田 由香ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス合同会社人事総務本部長
  • 出張 勝也(株)オデッセイコミュニケーションズ代表取締役社長
  • 橘・フクシマ・咲江G&S Global Advisors代表取締役社長(元経済同友会副代表幹事)
  • 藤沢 久美ソフィアバンク代表
  • 八木 洋介(株)people first代表取締役(前LIXILグループ副社長)
  • 吉川 元偉国際基督教大学特別招聘教授(前駐米国連大使/前OECD日本政府代表部大使)
  • ★実行委員長
専門委員
  • 山口 一男シカゴ大学 Ralph Lewis Professor of Sociology(第1版)
  • 水町 勇一郎東京大学社会科学研究所教授
  • 関根 千佳(株)ユーディット会長兼シニアフェロー
  • 村木 真紀特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ理事長
  • 荒金 雅子(株)クオリア代表取締役
アドバイザー
  • 青野 慶久サイボウズ(株)代表取締役社長
  • アキレス 美知子SAPジャパン(株)人事戦略特別顧問
  • 伊藤 暁彦内閣官房 日本経済再生総合事務局 内閣参事官
  • 伊藤 邦雄一橋大名誉教授 東京証券取引所上場会社ディスクロージャー表彰委員会座長
  • 内 誠一郎インベスコ・アセット・マネジメント(株)インデックス責任者
  • 大沢 真知子日本女子大学名誉教授
  • 古賀 伸明連合顧問・連合総研理事長
  • 白河 桃子相模女子大学客員教授
  • 大門 小百合ジャーナリスト(元ジャパンタイムズ執行役員)
  • パク・スッチャアパショナータInc.代表&コンサルタント
  • 竹内 章喜ブラックロック・ジャパン(株)取締役
  • 田澤 由利(株)ワイズスタッフ代表取締役 (株)テレワークマネジメント代表取締役
  • 田中 佐智子厚生労働省政策統括官付参事官
  • 成澤 廣修文京区長
  • マット・バーニーブリティッシュカウンシル 駐日代表
  • ロリ・ヘンダーソン在日英国商業会議所 専務理事
  • 松川 るい参議院議員
  • 松田 友紀子外務省 総合外交政策局 女性参画推進室 室長(オブザーバー兼務)
  • 村上 由美子MPower Partners ゼネラル・パートナー
  • 村木 真紀特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ理事長
  • ラファエル・ディエス デ メディナ国際労働機関(ILO)本部 統計局長
  • 弓削 昭子法政大学法学部国際政治学科教授(元国連開発計画駐日代表)
  • 吉高 まり三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト
事務局

Frequently Asked Questions

よくある質問事項
Q 申込から結果発表までのプロセスを教えて下さい。
A サーベイ及びテストについては、例年12~1月頃に実施をしており、その期間のお好きな時期を選んでご参加いただけます。2週間のみでも、2ヶ月間でも結構です。1月末に全社終了後、一斉に分析が開始されます。結果及びCEOダイアログについては、3~5月頃を予定しています。
Q 申し込み期限はありますか。
A 契約から実施まで3週間をご予定ください。
Q 費用はどのくらいかかりますか。
A 参加人数や、プログラムのタイプで違いますので、ご相談ください。
Q 結果は対外的に公表されますか。
A いいえ。現時点では弊社より、貴社名に基づく偏差値及び報告内容の対外公表を実施することはございません。年に一度の自己診断として、ご自身の会社内で情報をご活用ください。弊社では、参加企業名の発表、総合的な結果からのファインディングスなどは、弊社HP等にて発表させていただきます。もちろん参加企業様が各自、統合報告書やホームページ、またIR資料などで積極的に参加の事実等を発表されることは推奨いたします。
Q ダイバーシティインデックスのロゴは使用可能でしょうか。
A はい。ある一定の条件を満たしている参加企業様には、参加年度のついたロゴをご提供いたします。統合報告書、ホームページ、IR資料、名刺等にロゴを掲載いただくことが可能です。投資家やエコノミストを始めとしたステークホルダーとの共通言語のためにも、ダイバーシティインデックス参加を統合報告書やIR資料等に掲載することで、ステークホルダーとの対話は強化されることと思います。
Q 偏差値はどのように算出されるのでしょうか。
A 個人テストのデータに基づき、東京大学エコノミックコンサルティング株式会社(経済学部山口慎太郎教授を筆頭とするチーム)の監修の下、様々な属性ごと(性別・年代別・職位別・部署別・個人別)に偏差値を算出しています。
Q テーマはジェンダーだけですか。
A いいえ。ジェンダー、国籍/宗教、年齢、障がいなど多様面からの知識や意識をカバーしており、また、分析も、4つの柱:Diversity, Equity, Inclusion, Governance and Innovationで報告されます。
Q 英語での受験対応は可能でしょうか。
A 現在、国際化への準備も進めております。下記お問合せ先までご連絡ください。
Q ダイバーシティについて理解を深める機会はありますか。
A 本インデックスに参加している企業以外にも拡大した、ダイバーシティ経営に取り組む全ての企業様向けの法人会員プログラムがございます。ぜひ下記お問合せ先までご連絡ください。事務局より折り返しさせていただきます。
Q より具体的な説明を聞きたいのですが。
A 定期的に説明会(オンライン)も開催しておりますが、個別にもご説明させていただきます。ぜひ下記お問合せ先までご連絡ください。事務局より折り返しさせていただきます。
ダイバーシティインデックス参加企業一覧
  • ・帝人株式会社
  • ・小林製薬株式会社
  • ・日本電気株式会社
  • ・株式会社エー・ジー・ピー
  • ・日本ユニシス株式会社
  • ・全日本空輸株式会社
  • ・ユニリーバ・ジャパン株式会社
  • ・東京ガス株式会社
  • ・エンジャパン株式会社
  • ・株式会社イオン銀行
  • ・株式会社ぐるなび
  • ・その他
  • ・株式会社ユニカルインターナショナル
  • ・株式会社イー・ウーマン
参加された企業のCEOの皆様の声
  • 「衝撃を受けた。これをK P Iとしてこれから進めていきたい」
  • 「取締役会ですぐに報告し、毎年参加することで進度を見ていきたい」
  • 「十分に会社の状況が見える報告に、正直びっくりした」
  • 「ダイバーシティと企業価値の関係をもっと社内で強化したいと思った」
  • 「取り組むべき課題が明確になった」
  • 「感覚的に感じていた事が、数値化される事により、社内でのActionを取りやすくなった」
  • 「今後も継続的に参加して定点観測をし、真のダイバーシティを推進していきたい」
  • 「初年度は一部の部門の参加だったが、次回は全社で参加します」
  • 「社員の率直な自由回答がとても参考になる」

CONTACT

お問い合わせ

◆「法人会員プログラム」にご関心のある方は、以下の件名でご連絡ください。メール件名:【法人会員プログラム】御社名

◆「説明会参加」をご希望の方は、以下の件名でご連絡ください。メール件名:【説明会希望】御社名

◆通常のお問い合わせは、以下の件名でご連絡ください。メール件名:【問い合わせ】御社名

株式会社イー・ウーマン

〒107-0062 東京都港区南青山2-4-16
03-5775-6800
Eメール:diversityindex@ewoman.co.jp
担当:長谷川・吉村